FAQ

事業者向けFAQ

期間延長について

12/21(水)から12/27(火)までの宿泊・旅行分について、期間延長決定前の既存予約はキャンペーン適用となりますか?
「既存予約を補助の対象とするための条件」を旅行出発日までにすべて満たしたうえで、対象とすることが可能です。詳細については、全国旅行支援統一窓口 旅行事業者用お問合せ窓口へお尋ねください。

【全国旅行支援・統一窓口】
基本ルール、ツアー造成:TEL 03-6635-3669
営業時間:10時~17時(休業日:12/30~1/3及び土・日・祝日)
URL:https://biz.tm.jata-net.or.jp/
12/15(木)から12/20(火)までの宿泊・旅行分の発行済みクーポンの取り扱いに関して教えてください。
12/15(木)から12/20(火)までの宿泊・旅行分については、クーポンの有効期間が1週間未満となっていましたが、キャンペーン期間の延長に伴い、旅行開始日から1週間へ変更となります。
12/5(月)午前10時以降より、変更後の有効期間が印字されたクーポンが発行できるようになりますので、該当クーポンの再印刷をお願いします。
なお、旅行事業者様において既に利用者へクーポンをお渡し済みの場合は、クーポンの印字は変更前のままでも、クーポン自体は旅行開始日から1週間利用できるようになっていますので、利用者に対してその旨の説明を必ず行ったうえで、 そのままご利用いただいて構いません。
既に印刷済みの12/15(木)から12/20(火)までの宿泊・旅行分のクーポンを再印刷せず渡してしまいました。
既に利用者へクーポンをお渡し済みの場合は、クーポンの印字は変更前のままでも、クーポン自体は旅行開始日から1週間利用できるようになっていますので、利用者に対してその旨の説明を必ず行ったうえで、そのままご利用いただいて構いません。

キャンペーンについて

既存予約についてはキャンペーン適用となりますか。
「既存予約を補助の対象とするための条件」を旅行出発日までにすべて満たしたうえで、対象とすることが可能です。
ただし、予約申し込み日によりますので、詳細については、全国旅行支援統一窓口 旅行事業者用お問合せ窓口へお尋ねください。

【全国旅行支援・統一窓口】
基本ルール、ツアー造成:TEL 03-6635-3669
営業時間:10時~17時(休業日:12/30~1/3及び土・日・祝日)
URL:https://biz.tm.jata-net.or.jp/
クーポン手交のタイミングはどうなりますか。
【原則】
旅行出発前から当日までの間に手交してください。
なお、対面での販売が出来ない場合(例:リアルエージェントのコールセンター販売やWEB販売など)や、クーポン発行が間に合わない場合など、宿泊付きプランの際は宿泊事業者にチェックイン時のクーポン配付等を依頼し、同意が得られた場合に限りチェックイン時に宿泊事業者にて手交していただくことが可能となります。

【OTAの場合】
宿泊付きプランの際はクーポン発行は宿泊事業者にて行っていただきますので、宿泊事業者への情報連携をお願いします。
クーポン手交についても、チェックイン時に宿泊事業者にて手交していただきます。
宿泊事業者が発行し、旅行者から同意書を回収した分の写しを保管するようにしてください。
なお、日帰りプランの際は、旅行出発日に手交してください。
学校行事(修学旅行等)の団体でキャンペーンを適用できますか。
学校からの申込であればキャンペーン適用となり、修学旅行等の団体旅行も対象となります。学校が主催する団体旅行の場合は、学校から申込があった場合のみ、引率者を除きワクチン接種証明等は不要になります。
ただし、公費での修学旅行の引率などの場合、引率者はキャンペーンの対象外となります。
同意書回収方法や実績報告については、マニュアル等をご確認ください。
本人確認は旅行当日も実施する必要がありますか。
旅行当日も必要です。添乗員が当日旅行出発前に行うほか、宿泊付きプランの場合はチェックイン時にも確認を行います。
子どもや乳幼児はキャンペーン対象ですか。
対象者の条件を満たしていればキャンペーンの対象となり、旅行代金の算出には子供や乳幼児も1名としてカウントすることを原則とします。
詳細は全国旅行支援統一窓口 旅行事業者用お問合せ窓口へお尋ねください。
基本ルール、ツアー造成:TEL 03-6635-3669
営業時間:10時~17時(休業日:12/30~1/3及び土・日・祝日)
URL:https://biz.tm.jata-net.or.jp/
すでに造成しているプランで紙パンフレットを作成しているものがあります。
「日本中から大阪いらっしゃい2022」というプラン名は載っていないのですが、今回対象プランとしてもよいでしょうか。
既存の印刷済みのパンフレットに掲載されているプランについては、対象プランとしても構いませんが、下記3点を条件とし、書面などで利用者へ明確にお知らせすることが条件となります。
1)プランに含まれる宿泊施設が本キャンペーンに参画しているか確認すること
2)申込前に、利用者に対して割引前旅行代金と割引額、クーポン付与額の周知を徹底すること
3)本人確認及び居住地確認、ワクチン接種歴等確認が必要になることを周知すること
プラン造成で必要なためキャンペーンに参画している宿泊事業者を知りたいです。
本キャンペーンサイトよりご確認いただけます。
https://osakairasshai.start.osaka-info.jp/2022zenkoku/jigyousya/#hotel_list
参加者のグループ内に1人だけ対象外の人がいた場合はどうなりますか。
基準を満たしていない者のみを補助の対象外とするか、該当グループ全員を補助の対象外とするかを事業者さまにてご判断ください。詳細は取り扱いマニュアルをご確認ください。
現地にスタッフがいません。クーポンの手交はメールなどでも問題ないでしょうか。
添乗員等が当日いない場合旅行前日までに旅行者に対しクーポンを手交することが可能ですが、手交時には以下の確認を行ってください。
(1)本人確認書類の確認
 ※本人及び居住地の確認を行ってください
(2)ワクチン接種済証(3回以上)又は検査の陰性結果の確認
 ※検査結果については、旅行出発日に有効な検査結果に限ります
(3)参加同意書の回収
 ※旅行者全員の同意書を回収してください。
なお、宿泊施設のチェックイン時に本人確認及び居住地確認を行っていただくよう宿泊事業者に依頼してください。日帰りプランの場合は、旅行事業者が必ず旅行当日に本人確認及び居住地確認を行う必要があります。

参画について

支店(子)の参画申請方法を教えてください
本キャンペーンに各支店が参画するためには、本社において統一窓口へのご申請が完了している必要がございます。
統一窓口に対する登録の有無について、本社のご担当者様へお問い合わせください。

クーポン発行について

料金のかからない子どもや乳幼児がいる場合、クーポンの発行はどうすればいいですか。
子どもや乳幼児を1名としてカウントし旅行割引を算出する場合は、クーポンの発行が可能です。
利用者がクーポンを紛失した場合はどうなりますか。
利用者都合による再発行はお控えください。

実績報告について

同意書の提出はコピーでも可能でしょうか。
原則、提出の必要はありません。
ただし、場合によっては提出を求める場合もありますので、適切に保管してください。
なお、本キャンペーンにおける各種書類は、補助金について経理を明らかにする帳簿を作成し、本キャンペーンの終了日の属する年度の終了後5年間保存しなければなりません。

募集要項・お申込み
はこちら

マニュアルはこちら