FAQ

利用者向けFAQ

期間延長について

12/21(水)から12/27(火)までの宿泊・旅行分について、期間延長決定前の既存予約はキャンペーン適用となりますか?
期間延長決定より前に予約された宿泊・旅行でも、キャンペーンの対象となる場合があります。
既に予約している宿泊・旅行商品がキャンペーンの対象となるかどうかは、予約申し込みをした事業者において判断されますので、直接旅行事業者・宿泊事業者へお問い合わせください。
12/15(木)から12/20(火)までの宿泊・旅行分に付与されるクーポンの有効期限について変更はありますか?
キャンペーン終了日の変更に伴い、クーポンの有効期限も変更となります。なお、クーポンの有効期限は旅行開始日から1週間又はキャンペーン期間最終日翌日(12/28(水))のいずれか早い日付まで有効となります。 すでに受け取っているクーポンについては発行元の事業者へお問い合わせください。

regionPAY関連について

regionPAYの新規登録をしたいが、認証SMSが届かないのですが、どうしたらよいでしょうか。
SMSが届かない場合は下記をお試しください。
・電話番号にお間違いが無いか再度ご確認をお願いいたします。
・電話番号の迷惑フィルタ設定をご確認ください。
・電話番号の迷惑フィルタを一時的に解除可能かご確認ください。
regionPAYのログイン時に必要なパスワードを忘れたのですが、どうしたらよいですか。
アプリログイン画面下部にある「パスワードをお忘れの方はこちら」よりパスワードの再設定をお願いいたします。
自身で設定したセキュリティロックのパスコードを忘れたのですが、どうしたらよいですか。
一度アプリをアンインストールし、再度インストールして同じアカウントでログインしてください。なお、残額は引き続きご利用いただけます。
店舗のQRコードやクーポン紙面に記載のQRコードの読み取りができないのですが、どうしたらよいですか。
【支払時・チャージ時ともにQRコードが読み取れない場合】
利用端末の電波状況・読取カメラの汚損がないかの確認をお願いいたします。
【画面が真っ黒になる場合】
カメラの設定を許可していない可能性が高いため、カメラの許可設定を再度ご確認お願いいたします。
【読み取りができる状態で一度QRコードを読み込み、戻るボタンを押すと真っ黒な画面になる場合】
アプリが最新のものかご確認いただき、最新でなければアップデートをお願いいたします。
アプリにチャージする際に紙クーポンのQRコードを読み込んだが、無効なチャージコードと表示され、チャージできません。
「無効なチャージコード」と表示される場合は、下記の可能性があるため、ご確認をお願いいたします。
・有効期間外のクーポンである
※クーポンの有効期間は、旅行開始日もしくはチェックイン(搭乗)日から1週間又は本キャンペーン期間最終日翌日のいずれか早い日付までとなりますので、有効期限内のクーポンかどうかご確認ください。
・チャージしようとしている地域が「おおさかPAY」以外になっている
regionPAYアプリの利用をやめたいのですがどうすればよいですか。
regionPAYアプリの「退会フォーム」より、退会していただけます。

★ログインtop画面の左側にあるメニューバーより「ヘルプ」をタップ
→ヘルプ最下部にある、「その他」の「Q 退会をしたい場合、どうしたらいいですか?」の回答内『退会フォーム』をタップ
→ログイン画面に移行する為再ログイン
→退会項目を選択の上『手続きに進む』をタップ
(ここで各地域又はregionPAY自体のどちらを退会するか選択できます)
 ※各地域の退会=退会した地域のポイント消失、お知らせ受取不可になります。
 ※regionPAYの退会=regionPAY自体の退会になるため一切の情報消失、全てのお知らせ受取が不可となります。
→注意事項が表示されますので、内容確認後"同意する"にチェックを入れ「退会する」をタップ
→退会完了

キャンペーンについて

予約方法は決まっていますか。
本キャンペーンに参加している宿泊施設への電話予約、参加旅行会社への窓口申込、宿のHP予約、主な宿泊検索サイト等で予約が可能です。対象の旅行事業者/宿泊施設についてはキャンペーンサイト内にて掲載しております。
対象プランを探すにはどうすればいいですか。
キャンペーンに参画している旅行事業者や宿泊事業者に、対象プランには本キャンペーン名「日本中から大阪いらっしゃい2022」を入れるなど、利用者へ本キャンペーンの対象商品であることを分かりやすく明示するよう依頼しております。詳しくは各事業者へお問い合わせください。
1泊2日で宿泊旅行をして、2日目に旅行先から別の日帰り旅行を申し込む場合、キャンペーンの対象となりますか。
対象となります。
7泊+7泊と連続した日付で別々のホテルを予約しました。泊数制限内なのでそれぞれ対象になりますか。
別々の予約であっても、1つの旅行とみなされる場合は7泊分までが上限となります。
クーポン加盟店舗になっている飲食店で使えるクーポンはどのようにもらえますか。
対象となる宿泊・旅行プランを申し込んだ方に対し、「割引」の適用と「クーポン」を配布しております。

参加条件について

予約している宿泊者と当日別の人が参加してもよいですか。
宿泊当日に予約した宿泊者の変更は認められません。
宿泊者の変更が発生する場合は事前に予約した事業者にお問い合わせください。
学校の修学旅行でキャンペーンを利用したい場合はどのようにすればよいですか。
学校からの申し込みであればキャンペーン適用となり、修学旅行等の団体旅行も対象となります。学校が主催する団体旅行の場合は、学校から申し込みがあった場合のみ、引率者を除きワクチン接種証明等は不要になります。
ただし、修学旅行の引率者が公費で参加する場合は引率者のみ、キャンペーンの対象外となります。
食事のみのプランで旅行をしたい場合はキャンペーン対象となりますか。
食事のみのプランは対象外となります。
宿泊費が会社負担の場合(出張等)でも、キャンペーンを利用できますか。
※観光目的ではない宿泊など
公費出張は対象外としていますが、それ以外であれば利用可能です。
PCR陰性証明書は原本でなくても良いとのことですが、ワクチン接種証明書も同じでしょうか。
確認手段に指定はございません。
アプリやコピー等でも、問題ございません。
本人確認書類を宿泊当日に忘れた場合は、どうすればよいでしょうか。
キャンペーンの適用外です。
PCRの簡易キット検査(抗原定性検査)でも証明となりますか。
対象となる検査は、簡易キット検査かどうかは問わず、
 ・PCR検査
 ・抗原(定量・定性)が対象です。

また検査結果通知書等には受検者氏名、検査結果(陰性であること)、検査方法、検査所名、検査日、検査管理者氏名、有効期限(旅行・宿泊開始時点において有効なもの)が記載されているものを提示してください。 念のため、検査機関には事前にご確認お願いします。
PCR検査・抗原定量検査の検査結果通知書については、検査日が旅行・宿泊開始日の前日から起算して3日以内のものが有効、抗原定性検査(簡易キット)の場合は、検査日が旅行・宿泊開始日の前日から起算して1日以内のものが有効となります。
海外で受けたワクチンの接種証明でもよいでしょうか。
本人確認ができ、海外から日本への入国に際して有効と認められたワクチン接種証明書が確認できれば対象となります。
都道府県をまたぎ大阪で完結しない旅行プランを予約しましたが、地域クーポンはどこの都道府県のものになりますか。
【日帰り旅行の場合】
主たる目的地が大阪であれば対象となります。

【宿泊プランの場合】
宿泊地が大阪であれば対象となります。1泊目と2泊目で宿泊地が異なる場合は、大阪府宿泊部分のみキャンペーン対象となります。尚、明確に旅行代金を分けられることが条件となりますので詳細は予約された事業者へお問い合わせください。
キャンペーン対象者は誰ですか?
本事業の対象者は、日本国内居住者に限られています。
海外在住で一時帰国中の日本人で現在国内での居住登録がない方は対象外です。
外国人旅行者は対象外です。ただし、日本国内居住者であれば、在住外国人でも利用可能です。
子供や乳幼児は対象となるのでしょうか。
対象者の条件を満たしていれば対象です。
旅行代金の算出には子供や幼児も1名としてカウントできます。
ただし、事業者によって対応が異なりますので、予約をしたい事業者へ直接ご確認をお願いします。
ワクチン接種条件や本人確認書類不足などで対象外と対象者がいるグループで旅行をしたい場合、条件を満たしている人のみ、キャンペーンを適用してもらえますか。
基準を満たしていない方のみをキャンペーンの対象外とするか、該当グループ全員をキャンペーンの対象外とするかは事業者にて判断されます。予約された事業者にお問い合わせください。
本人確認書類はコピーでもいいですか。
コピーや写真でも構いません。

クーポン利用について

付与される地域クーポンは宿泊する都道府県内でしか使用できないのでしょうか。
できません。地域クーポンは各都道府県により発行され、当該都道府県内でのみ利用可能なものです。
なお、クーポン加盟店舗として参画している宿泊施設に準ずる施設内でも利用は可能です。
旅行を取り消した場合、クーポンはどうすればいいでしょうか。
クーポンの返還が必要ですので予約された事業者へお問い合わせください。
原則として、旅行に実際に参加することでキャンペーンは適用となるため、100%の取消料を払っていても、旅行自体に参加していないため地域クーポンの利用はできず返還が必要となります。
クーポンはいつ、誰からもらえますか。
【旅行事業者で予約した場合】
旅行事業者より申し込みから当日までの間にお渡しいたします。

【宿直販、OTA経由で予約した場合】
チェックイン時に宿泊施設にてお渡しいたします。
Go To イート券との併用はできますか。
飲食代金の精算時にイート券との併用は可能です。
紙クーポンのポイントを一部使用していますが、残高をアプリにチャージすることはできますか。または、アプリにチャージ後、紙クーポンとして利用はできますか。
一度でも、ご使用(紙の場合は支払い or アプリの場合はチャージ)されると、後から変更することはできません。
グループ内のクーポンを誰か1人にまとめてチャージしてもよいでしょうか。
グループ内での(ご利用者様同士での)合意があれば可能です。
但し、それに伴うトラブル等については事務局は一切の責任を負いかねます。
クーポンと現金で重複して決済してしまいました。
クーポンまたは現金のどちらかを返金処理してもらうよう、利用された店舗へご相談ください。
通信障害が発生し有効期限内にクーポン使用ができない場合どうしたら良いですか。
通信障害に関しては通信キャリアにお問い合わせお願いします。
本局等は、通信会社の都合により、本サービスの利用ができない場合に関して、一切責任を負いません。
平日と休日のクーポンの違いは何ですか。
クーポン自体に違いはありません。クーポン付与額が平日と休日で異なり、平日は3,000円、休日は1,000円分配布されます。
クーポン加盟店舗においてクーポン(おおさかPAY)の使用対象外となるのは具体的にどんなものがありますか?
・出資や税金、振込代金、振込手数料、保険料、電気・ガス・水道・電話料金等債務の支払い
・有価証券、金券、その他商品券(ビール券、図書券、切手、印紙、プリペイドカード、コンビニで金券として利用できる引換券)等の換金性の高いものの購入
・土地・家屋購入、家賃、地代、駐車料等の不動産に関わる支払い
・現金との換金、金融機関への預け入れ
・風俗営業等の規則及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に規定する営業に係る支払い
・特定の宗教、政治団体と関わるものや公序良俗に反するもの
・クーポンの付与又は割引対象となっている旅行代金及び宿泊代金自体に関する支払い
・旅行代金及び宿泊代金に関わる追加費用(部屋のアップグレード代金、レイトチェックアウト代金等)の支払い
・クーポンを利用するサービス等が大阪府内もしくは本キャンペーンに参画する宿泊施設に準ずる施設内で完結しないもの
・その他、事務局等がおおさかPAYの使用対象として適当と認めないもの

※上記品目は、地域クーポンの使用対象外となります。

キャンペーン停止について

大阪府が感染状況等により知事の判断で事業を停止した場合、大阪府在住者の他都道府県への旅行は対象外となるのでしょうか。
事業実施中の都道府県への旅行は対象となります。
あくまでも事業停止となった都道府県を目的地とする旅行が対象外です。
ただし、大阪府が緊急事態宣言措置区域又はまん延防止等重点措置区域となった場合などには、取り扱いが変わることがあります。

旅行・宿泊事業者
クーポン加盟店舗検索

ご利用方法はこちら
(検索・クーポン)