~新旧のランドマークと街並みを訪ねる~

大阪城・梅田コース

大阪の中心地には、「大阪城」と
「梅田スカイビル」という
新旧の巨大ランドマーク
があり、国内外から人気があるエリアです。
いずれの建物も、展望エリアまで
車いす対応のエレベーターが設置されています。

そして、2つの建物の間には日本一長い
商店街「天神橋筋商店街」・「大阪くらしの今昔館」
があり、
過去から現在の大阪の「暮らし」
に触れることができます。
時代や視点を超えて、大阪の景色・暮らしに
触れることができる、施設やグルメ・宿泊施設
をご紹介します。

START!

8:30

関西国際空港

関西国際空港からは、電車・リムジンバス・タクシーの3つの交通手段が大阪中心部に通じています。リムジンバスには、入り口に階段があります。特急電車はバリアフリーで、車いす用席もあります。
第1ターミナルビルと駅は直結しています。第2ターミナルビルからは離れていますが、無料の連絡バス(車いす対応スペースあり)が利用可能です。

移動

9:00

乗車:JR関西空港駅

関西空港駅は、西日本旅客鉄道(JR西)と南海電気鉄道の2種類の駅があります。それぞれの駅で到着する駅が異なるため、注意してください。目的地の「大阪駅」は青色の看板が目印の「JR改札口」です。
JR側のホームは1つのみで、階段奥にエレベーターがあります。

移動

11:00

乗り換え:JR大阪駅

乗り換えは、9・10番ホームから、2番(環状線)ホームで、エレベーターを2回乗り継ぎます。
9・10番ホーム〜乗換フロア:ホームからは、中程に3F連絡橋行きエレベーター「D」があります。
乗換フロア〜1・2番ホーム:連絡橋の橋側に、エレベーター「H」があります。
駅のホームは、可動式柵があり、乗車時の段差や隙間も小さい構造になっています。

大阪駅はターミナル駅で、大阪の中心部の移動に便利な環状線に乗り換えが可能です。
この後の移動の際に荷物が負担な場合は、駅のロッカーや駅直結の宿泊施設である「ホテルグランヴィア大阪」に事前に預けると便利です。

移動

11:20

降車:JR大阪城公園駅

ホームからは、階段の奥側に改札行きエレベーターがあります。
駅のホームは、可動式柵は無く、乗車時の隙間が少しあります。
大阪城最寄りの駅で、大阪城公園内の商業施設「JO-TERRACE OSAKA」とは、デッキで直接つながっています。

移動

11:30 クーポン利用可

名代 千房 JO-TERRACE OSAKA店

大阪を代表するソウルフードといえば「お好み焼き」。その中でも「千房」はお好み焼き一筋40年を超え、観光客や大阪に暮らす人々から愛されています。
店内は、カウンター席とテーブル席があります。カウンター席での、目の前で作られる料理を眺める臨場感は千房ならではの楽しみです。
その他にも創作鉄板焼き料理もあり、メニューは豊富です。

移動

12:30 クーポン利用可

大阪城天守閣

広大な大阪城公園の中心に位置するのが、大阪城天守閣です。再建された天守閣ではありますが、国内でも数少ない完全バリアフリーの天守閣です。天守閣までの経路は、舗装された傾斜道を上がっていきます。お堀や庭園など変化していく景色も魅力的です。
天守閣内は1〜7Fが豊臣秀吉や大阪城にまつわる展示、8Fは展望台になっています。1~7Fまでの共用エレベーターのほかに、8F展望台まで通じる専用エレベーターもあります。

お帰りの際には、南西側方面に移動すると、重要文化財「大手門」があり、こちらから移動するのがおすすめです。

移動

14:15

乗車:地下鉄 天満橋駅

天満橋駅は、大阪城公園の北西側に位置しています。最寄りの1番出口の地下へ通じるエレベーターは目立たないため、ご注意ください。
1・2番ホームへは「北改札」からエレベーターが通じています。
駅のホームは、可動式柵は無く、乗車時の段差・隙間があります。

移動

14:20

降車:地下鉄 南森町駅

ホームからは、中程の5号車近くに、北西改札行きエレベーター「h」があります。
南森町駅のエレベーターは6番出口の1箇所のみで、北西改札が通じています。
北西改札へは、堺筋線ホームの1号車方面にあります。

移動

14:30

芭蕉堂 天神橋3丁目店

地下鉄南森町駅から東に歩くと、日本一長い商店街と称される「天神橋筋商店街 」があります。こちらには、創業150年の老舗和菓子店として「わらびもち」を中心に和菓子を扱う「芭蕉堂」があります。
店舗はテイクアウト専用ですが、商店街を南に進むと、休憩スペースがあるので、こちらで休憩をとることもおすすめです。

移動

15:00

大阪天満宮

学問の神「菅原道真」を祀る神社で、境内の建物の一部は、1800年代からその姿を守る歴史を感じるパワースポットです。迫力のある「本殿」は見応えがありますが、ご利益があるとされる「撫で牛」や「御神水」もおすすめです。
また、大阪天満宮で人気なのがお守りです。学業成就が有名ですが、立身出世、縁結び、厄払いなど、さまざまなご利益のあるお守りが手に入ります。
境内は、薄く砂利が敷かれていますが、平坦なので移動に大きな障害はありません。施設の駐車場には、バリアフリートイレも設置されています。

移動

15:45

乗車:地下鉄 南森町駅

天神橋筋6丁目への移動は、アーケードのある商店街を通って行くことも可能です。商店街で、さまざまなお店を見ながら移動するのもおすすめです。(大阪店天満宮からは約1.5kmの距離があります。)
天神橋筋六丁目駅は、谷町線・堺筋線の両方の路線が通っていますが、堺筋線が早く着きます。

南森町駅のエレベーターは6番出入口の1箇所のみです。商店街を出て、天神橋筋を横断歩道で渡った先にエレベーターが設置されています。
堺筋線2番ホームは、北西改札の目の前にあります。
駅のホームは、可動式柵は無く、乗車時の段差・隙間があります。

移動

15:55

降車:地下鉄 天神橋筋六丁目駅

ホームからは、10号車方面に「南改札」行きエレベーター「No.3」があります。
改札から出口のエレベーターは1箇所のみです。北改札を出ると「大阪くらしの今昔館」の建物と接続するエレベーターがあります。

移動

16:00

大阪くらしの今昔館

大阪くらしの今昔館は、「住まい」を中心に、「暮らし」から「まちづくり」までをテーマとしたミュージアムです。江戸時代の「大坂」の実物大の模型や、近代のまちを模型で紹介し、これまでの大阪の暮らしの変化を感じることができます。館内はバリアフリーですが、昔の街並みを再現しているため、通路の凹凸や段差のある日本家屋など一部移動に制限があります。 ※9階常設展示室、10階展望フロアは、天井改修工事のため、2022年秋頃まで閉鎖しています。

移動

18:00

乗車:地下鉄 天神橋筋六丁目駅

梅田へ戻るためには、谷町線 天神橋筋六丁目駅が便利です。大阪くらしの今昔館の建物B1が直接駅に通じています。
谷町線1・2番ホームへは「北改札」から2度エレベーターを乗り継ぎます。※東改札からエレベーターは通じていません。
北改札〜乗換フロア:北改札横に、乗換フロアへ通じるエレベーター「No.2」があります。
乗換フロア〜谷町線1・2番ホーム:ホーム行きエレベータ「No.1」は約150m先にあります。
駅のホームは、可動式柵は無く、乗車時の段差・隙間があります。

移動

18:30

降車:地下鉄 東梅田駅

ホームからは、1号車方面に「南改札」行きエレベーター「e」があります。
地上へのエレベーターは周囲のビルに複数ありますが、2番出口がわかりやすいです。
(東梅田駅直結の梅田の地下街は、複雑で混乱しやすいため、地上からの移動がおすすめです)

東梅田駅から梅田スカイビルを目指す場合は、大阪駅・グランフロント大阪を目指して移動すると、連絡通路に辿り着きやすいです。
駅のホームは、可動式柵は無く、乗車時の段差・隙間があります。

移動

19:00

梅田スカイビル・空中庭園展望台

2013年に英国誌「タイムズ」にて『世界の訪れるべき建物トップ20』に選ばれて以降、世界を代表する建築の一つとして海外から注目されるランドマークです。
特に夜は大阪の街を一望できる展望台が人気です。
展望台への経路はエスカレーターが有名ですが、車いすなどエスカレーター利用が難しい場合は、1Fから直通のエレベーターを利用することで、展望台へ直接移動することが可能です。

移動

20:30 いらっしゃいキャンペーン対象

ホテルグランヴィア大阪

JR大阪駅直結のホテルです。入り口は、大阪駅の1F中央口南側にあります。さまざまなテイストの客室が用意されており、その一つとして、バリアフリー対応の「ユニバーサルツイン」があります。

GOAL!

旅行・宿泊事業者
クーポン加盟店舗検索
(停止中)

ご利用方法はこちら
(検索・クーポン)
(停止中)